キービジュアル
学校紹介

学校長・初等部校長挨拶

学校長挨拶

学校長挨拶
学校長挨拶 学校長挨拶

 早稲田実業学校は1901年に大隈重信によって設立されました。設立当初の校名は早稲田実業中学でした。それから100年にわたり早稲田の地で多くの人材を育ててまいりました。創立100周年である2001年に早稲田から国分寺に移り、翌2002年に男女共学、初等部開設という大変革を遂げ、今日に至っています。2018年3月に初等部一期生が初めて大学を卒業しました。高等部から入学した生徒、中等部から入学した生徒はすでに大学を卒業し社会で活躍していますが、初等部から入学した生徒が大学を卒業したことで、大学までの一貫教育がようやく完成したことになります。卒業生の活躍によって本校にさらなる歴史と伝統が刻まれていきます。

 本校の校是は「去華就実」です。外面的、表面的な華やかさを求めるのではなく、内面、実質そのものを大切にするというこの精神は、本校が一貫して最も大切にしているものです。また校訓である「三敬主義」により、他者を敬い、自己を敬い、事物を敬うこと、つまり自分自身を含め、接する全てのヒト、モノ、コトに敬意を持ち誠実に対することの大切さを説き続けてきました。本校の卒業生は様々な分野で、また世界各地、日本各地で活躍していますが、いずれも、共通するのは校是、校訓のもとで培われた優れた人間性です。

 グローバル社会とは様々な文化的・社会的背景を持った、自分とは異なる人々と共に新たな価値を創造していくことです。それは私たちが馴染んでいる既存の考え方や慣行にとらわれることのない自由な発想や自由なコミュニケーションから生み出されるものであることは言うまでもありませんが、他者への敬意抜きでは成り立たないものです。文化のぶつかり合い、価値観のぶつかり合いを克服できるのは、他者への敬意であり、他者を理解し、共に歩んでいこうという強い意志に他なりません。その意味で校訓である「三敬主義」は一見古めかしく見えますが、これからの時代に目指すべき人としての在り方を明確に示しています。

 新たな時代を切り拓くことのできる豊かな人間性と確かな学力を持った若者を育てることが本校の使命です。それは早稲田大学の次世代の中核を担う学生を育てることでもあります。伝統の継承と新たな価値の創造にともに取り組もうという強い意欲を持つ皆さんの入学を心待ちにしています。

初等部校長挨拶

初等部校長挨拶
初等部校長挨拶 初等部校長挨拶

 早稲田実業学校は、1901年に早稲田大学の創立者である大隈重信によって早稲田実業中学として設立されました。2001年に、創立100周年を迎え早稲田鶴巻町から緑豊かな国分寺の地に移転し、「早実二世紀」の一歩を踏み出しました。2002年に男女共学化と共に初等部を開校しました。早稲田大学系列校ではじめて初・中・高・大の一貫教育が完成し、新しい世紀の第一歩を刻むものであります。

 早稲田実業学校の伝統と歴史は、校是に掲げる「去華就実」のもとに形成されてきました。上辺だけの華やかさではなく実をとる、外面的な美しさより内面的な美しさを求める精神のもとに、社会のあらゆる分野で貢献をなしうる人格の育成を目指しています。校訓である「三敬主義」は、他者を敬い、自己を敬い、事物を敬うことの大切さを説いてきました。謙虚でやさしく、自重自律し、すべてのことに敬いを持ってあたる誠実な姿勢を示すものです。こうした理念を受け継ぐ初等部6年間では、「一人ひとりの個性を尊重し、身体を鍛え、豊かな心を養い、確かな学力を身につけるとともに、自ら学び、考え、創り出し、表現する力を育て、人間性豊かな児童を育成する」ことを教育目標に掲げています。

 本校には、その校風を愛し、そこで学ぶことを喜びとする多くの子供たちが集まるので、教師のきめ細やかな指導によって、初等部6年間で心も体も大きく成長していきます。児童一人ひとりは、発達段階に応じて強い意志力と集中力を持って努力し、個性の芽をしっかりと伸ばしていくことができます。そして、受験勉強に煩わされずに中・高等部に進みます。中・高等部の教育方針は「豊かな個性と高い学力と苦難に打ち勝つたくましい精神力を兼ね備えた人物を育成する」ことです。文武両道に励み、将来の目標をしっかり持ち早稲田大学に進学します。本校での12年間で、世のため人のために自ら汗を流すことができる、心優しい人材を育成し、早稲田大学の中核となりうる調和のとれた人間教育を目標としています。

 初等部の校舎は、長い歴史と伝統を持つ中・高等部と同じ敷地内にあり、校内には日々子供たちの新鮮な空気が満ちており、校庭では嬉々とした遊ぶ姿が見られます。高い志を持つ中・高等部の生徒が勉強やスポーツに励み、さらに早稲田大学に進んで活躍する姿に、児童は自分の成長した姿を重ね合わせ、将来に対する夢や希望をしだいに明確にしていきます。

 初等教育では、教師が児童に与える影響には大きなものがあり、その信頼関係は生涯の支えとなります。本校の全教職員は児童・保護者の皆様と誠実に向き合い、将来、社会に多くの貢献をなしうる人格の育成を目指し、全力を尽くしております。皆さんの入学を楽しみにしております。