キービジュアル
学校行事

初等部学校行事

4月 入学式

2018/4/5

 澄み渡る青空のもと、大隈講堂にて、第17回入学式が行われました。多くの方に見守られながら、1人ひとり大きな声で返事をし、校長先生と握手をしました。中高等部の先輩からの歓迎も受け、早実の一員となったことを実感できたことでしょう。これからの学校生活を元気に楽しく過ごしてほしいと思います。


4月 1年生を迎える会

2018/4/26

 4月の最終週に、全校児童で1年生を優しく迎えました。6年生に手を引かれて入場した1年生の首には、6年生手づくりメダルが誇らしげにかかっていました。各学年からは、歌やクイズ、学校生活の紹介などの出し物がありました。「友だち賛歌」を全校で歌い、温かな会は気持ちよく幕を閉じました。


5月 春の遠足(1年生)

2018/5/2

<所沢航空記念公園>
 1年生にとっては、どんな取り組みも「初もの」ですが、遠足は、最も楽しみなことの一つ!行き先は、「所沢航空記念公園」です。少し天気も心配しましたが、ばっちり晴れ、たくさん遊んできました。芝生に転がり、おにごっこで走り、お弁当でおしゃべりしながら、友だち作りをした素敵な1日でした。


5月 春の遠足(2年生)

2018/5/24

<昭和記念公園>
 青空の下、2年生は、「昭和記念公園」を訪れました。広場で仲間とともにポイントを回り、協力してゴールを目指したグループ活動。その後のお弁当の味は、格別でした。それから、「虹のハンモック」や「ふわふわドーム」などで思いきり汗を流しました。安全に配慮し、遊びのルールを守って楽しく活動できました。


5月 春の遠足(3年生)

2018/5/2

<高尾山>
 ドキドキだった初めての現地集合。一人も遅れることなく集合し、予定通り山頂に向けて出発しました。1号路を歩きながら、草花に目を向け、鳥の声を聴き、高尾山の自然を満喫しました。頑張って登った後のお弁当の味は格別だったことでしょう。うれしそうな笑い声がたくさん聞こえてきました。下山のリフトの傾斜には、大興奮。楽しい遠足でした。


5月 春の遠足(4年生)

2018/5/11

<御岳渓谷>
 4年生は多摩川の上流、御岳渓谷を訪ねました。軍畑駅から御嶽駅までの遊歩道を、川のせせらぎを聞いたり、水遊びをしたり、班ごとに予め配られていた草花シートをチェックしたりしながら進みました。ラフティングの人に手を振り、大岩を登ったり、足を水につけたり、石を積み上げたり、東京にも存在する美しい自然を楽しみました。


5月 春の遠足(5年生)

2018/5/11

<こどもの国>
 絶好の青空の下での「こどもの国」のオリエンテーリング。時間、範囲ともに今までで最もダイナミックで最も自由なものでした。どちらに行こうか迷ったりミッションがクリアできず困ったりと様々な課題を仲間と協力して解決し、全グループがクリアしました。ゴール地点でのソフトクリームは忘れられない味になったようです。遊具で遊び、動物にも触れ、子どもたちは存分に楽しみました。


5月 春の遠足(6年生)

2018/5/2

<鎌倉・江ノ島方面>
 鶴岡八幡宮に向かう段葛横で車中にいらしたのは水戸のご老公様。縁起がいいスタートでした。八幡宮を見学し、江ノ電で長谷へ移動し、大仏と対面しました。昼食のあと、江の島水族館で相模湾に生息する海洋生物を観察しました。最後に、湘南海岸で、水遊びや砂遊び。社会科見学と遠足の合体したこのプログラム。子ども達は十分楽しんでいました。


5月 早慶戦応援(5・6年生)

2017/5/27

 早慶戦の応援のため、5・6年生で神宮球場へ行ってきました。会場へ入ってすぐに、大学応援部の先輩たちの熱唱に圧倒されました。試合は6回裏に慶應が4-0と先制。しかしその直後の7回表に早稲田も反撃をし、一挙に5点を奪い逆転に成功しました。子ども達は大喜びしながら肩を組み、紺碧の空を歌いました。試合には負けてしまいましたが、先輩たちの勇姿に心を打たれ、改めて早稲田魂を噛みしめた1日となりました。


6月 稲作体験(5年生) ― 田植え

2017/6/09

 5年生では、理科と社会科を関連させた学習の一環として、国立市谷保で田植え体験をしました。現地の農家の方からご指導をいただき、全員が裸足になって田んぼに入り、一本一本心を込めて苗を植えました。秋には早実の校章のような頭を垂れる稲穂の姿を見るのが楽しみです。


7月 宿泊体験学習(4年生)

2017/7/22~7/24

 7月22日から3日間、長野県の早実駒ヶ根校舎に行きました。白樺湖でのお弁当や北八ヶ岳での山頂散策、水族館見学にスポーツ大会。途中、雨で行程を変更することもありましたが、無事にキャンプファイヤーも行うことができました。これから何度も訪れることになる駒ケ根校舎で、仲間とともに過ごした3日間は最高の思い出になりました。


7月 宿泊体験学習(5年生)

2017/7/23~7/25

 7月23日(日)から3日間、長野県の志賀高原に行きました。東館山のハイキングやネイチャークラフトでは大自然を肌で感じ、2日目には社会科で学んだことを生かして山ノ内町の農業を実際に体験させていただきました。夜にはキャンドルファイヤーを行い、楽しいひと時を過ごすとともに、仲間との絆を一層深めることができました。


7月・8月 トライアスロン教室

2017/7/26~7/28(低学年)
2017/8/23~8/25(高学年)

 今年で2回目を迎えるトライアスロン教室。今年は低学年の部、高学年の部に分かれて行いました。最終日には、スイム&ランのアクアスロンにチャレンジ!プールの中で揉まれながら泳ぎ、水着のまま走るのはトライアスロンならではの醍醐味。3日間でレースに出られるまでになりました。


7月・8月 ハワイ・ミッドパシフィック サマースクール(1~3年生)




2017/7/26~8/3

 7月26日~8月3日にかけて、ホノルル市にあるMID PACIFIC校のサマープログラムに11名の児童(1年生~3年生 親子同伴)が参加しました。今回はMID PACIFIC校の子たちとも「Aloha!」「Mahalo!」の挨拶をきっかけにして、スポーツやレッスンを通してふれあい、子ども同士の交流が見られました。それから、初等部のみんなでホノルル動物園やダイヤモンドヘッドを訪れ、ハワイの大自然も満喫しました。「きらきら星」のウクレレの演奏も思い出に残りました。


7月・8月 スイス・サマープログラム モンタナ校(4~6年生)


テニスコートでの練習風景

2017/7/29~8/10

 標高約900mで、ツーク湖を見下ろす風光明媚な場所にInstitut Montana Zugerberg校はあります。初等部4~6年生の希望者12名が参加しました。午前中は英語の授業があり、昼食後には、テニス、卓球、ハイキングなどいろいろなアクティビティに参加しました。バスに乗り、ナイフで有名なVICTORINOXの博物館を見学したこともありました。休日には、美しいクレンタラー湖で泳いだり、チューリッヒ動物園に行ったりしました。スイスでは、語学だけでなく大自然の中で心身ともに大きく成長することができました。


7月・8月 スイス・サマープログラム ローゼンベルグ校(4~6年生)

2017/7/30~8/6

 4年生から6年生までの有志児童が7泊8日でサマースクールに参加してきました。全員こんなに長く親元を離れるのは初めて。寂しくて涙するかもという心配をよそに、午前中は教室で授業をしっかり受け、午後はプールではしゃいだり、ラインの滝の大迫力を感じたりしながら英語を学んできました。


7月・8月 早稲田大学創立者大隈重信と故郷佐賀(4~6年生)




2017/7/31(早稲田大学)
8/19~8/21(佐賀市)

 希望した4~6年生の親子を対象に、早稲田大学との共同企画「親子で学ぶ早稲田大学創立者大隈重信と故郷佐賀」を実施しました。本企画は、母校の建学の精神について考える学習を通して、探求する姿勢を涵養し、将来の早稲田の中核を担う人材の育成を目指したものです。早稲田大学で実施した第1部は、大学の先生と一緒に行ったフィールドワークを通して、大隈重信と早稲田大学について学びました。第2部は佐賀県に赴き、大隈重信の故郷佐賀市では、大隈重信の少年時代や業績、そして、佐賀の風土について学びました。また、天野為之ゆかりの地である唐津市では、本校の校是である「去華就実」について学び、深く考えました。


8月 オーストラリア・ホームステイの旅(6年生)

2017/8/1~8/11

 8月1日から11日まで、オーストラリア・ホームステイの旅に行ってきました。現地の学校の児童たちと一緒に授業を受けたり、日本の文化を紹介したりして交流を深めました。日が経つにつれてバディやホストファミリーとどんどん親しくなり、まるで本当の家族のようでした。実り多い10日間、一生の宝物になりました。


8月 いのちめぐるまち南三陸町 親子フィールドワーク(5・6年生)

2017/8/9~8/12

 夏休みに親子で参加する、希望者を対象とした野外実習です。早実初等部では、1つの地域に滞在しながら現地の人たちから様々な事柄を学んでいく学習をフィールドワークと呼んでいます。海と山に囲まれ豊かな自然を有する宮城県南三陸町は東日本大震災を契機に、単にもとの町に戻るだけでなく、先進的な取り組みをいくつも進めています。そんな町で、8月に3泊4日の日程で、海の生物の学習から始まり、海と山のつながり、循環型社会に向けての仕組み作りについてなど、総合的な学習を行っています。


10月 運動会

2017/10/8

 今年の運動会は、天候不良により1日延期となってしまいましたが、翌日はまるで早実初等部の子どもたちの練習の頑張りを見ているかのような晴天の下で実施することができました。この日のために、授業はもちろん休み時間も一生懸命練習してきました。子どもたちのやりきった!という清々しい表情からも1人ひとりの成長の足跡が見られました。


10月 稲作体験(5年生) ― 稲刈り

2017/10/13

 今年の夏は非常に雨が降り、学校で育てていたバケツ稲はなかなか育ちませんでした。しかし、田んぼで育てていた稲は強く、たくましく生育していました。その稲を10月中旬に刈る体験を行いました。慣れない鎌を使っての作業に最初は戸惑っていましたが、慣れてくると「もっとやっていい?」という声が多く聞こえてきました。自分達で植えた苗が大きくなった喜び、そしてそれをこれから食べるというワクワクした気持ちで畑いっぱいに溢れていました。


10月 校外学習(2年生)

2017/10/17

<多摩動物公園>
 秋晴れの中、多摩動物公園への校外学習。昨年まで行っていたアフリカ園が工事中という事で、初めてアジア園でのグループによるオリエンテーリング。事前に動物園からもらっていた観察シートを持ち、グループごとに散策。5つのチャックポイントでは各教員からのお題をグループで協力して応えました。昼食後に、昆虫園に移動してやはりグループごとの探索をしました。


10月 社会科見学(4年生)

2017/10/17

<玉川上水>
 羽村取水堰に社会科見学に行ってきました。羽村駅に集合して、まいまいず井戸を見学してから歩いて博物館へ。江戸時代に水不足から作られた玉川上水を実際に見ることができました。羽村市郷土博物館や玉川兄弟の銅像の前で、教科書には載っていない資料からたくさんのことを学ぶことができました。


10月 宿泊体験学習(3年生)

2017/10/20~10/21

<高尾の森わくわくビレッジ>
 はじめての宿泊学習。宿泊の基本を学ぶことを目標に、高尾の森に行きました。時間を守って行動すること、寝具の使い方、荷物の整理、入浴方法、食事の仕方等々、日々の学校生活で培った経験を活かして、楽しく過ごすことができました。あいにくのお天気でしたが、子どもたちは体育館のお楽しみ会をはじめ、仲間との1泊2日を楽しみました。


10月 交流遠足(1年生・6年生)

2017/10/26

<羽村市動物公園>
 1年生と6年生とのつきあいは、入学式のみではありません。普段の朝の1年教室にも6年生はたくさん来てくれ、世話をしてくれています。その延長にある交流遠足。10月27日(金)に羽村市動物公園に行ってきました。外での活動にはまだ不慣れな1年は、国分寺出発・解散とし、現地で6年生に迎えてもらい、ペアを基本とした班行動をしました。午前はオリエンテーリングを6年のリードで行い、昼食。午後は、動物観察という1日でした。難しいクイズに6年が頭をひねったり、ライオンなどを見て、自然発見をしている1年生が教えたりする場面もあり、互いが学んだ思い出深い1日になりました。今後のつながりも楽しみです。


11・12月 宿泊体験学習(6年生)

2017/11/28~12/1

 歴史学習の一環として、奈良・京都に宿泊体験学習に行きました。奈良では、法隆寺、東大寺などの歴史的建造物に加えて、眺望の良い若草山に登り古都奈良の大きさを実際に見てきました。また、京都では、グループ学習を行い仲間と共に学ぶ姿勢で、机上の学びだけで足りない部分を本物を見ることで有意義な学びとしてきました。


12月 社会科見学(5年生)

2017/12/4

 埼玉県の狭山市にあるHONDAさんの自動車に社会科見学に行ってきました。普段乗っている車が次々と機械によって作られていき、最後は人の目でしっかりと確認していく。どんどんと機械化が進んでいく中でも大事な所では人が関わっていく。自分たちの目で実際の工程を見ることができたことは大きな学びとなったようです。


12月 大縄集会

2017/12/14

 2学期最後の行事となる大縄集会が初等部体育館で行われました。1年生~5年生までは学年で8の字跳びを行い、合計回数を測りました。目標回数を各学年で決め、記録更新を目指して頑張りました。6年生はエキシビジョンで、珍しい技に挑戦し、下級生から大きな拍手を受けていました。学年の垣根を越えて、それぞれの目標に向かって励まし合いながら取り組んだこの数日間はとても充実した日々となりました。


12月 子供 夢・アート・アカデミー(6年生)

2017/12/15

 日本芸術院会員の一人である早稲田大学名誉教授の藪野健先生が、6年生を対象に講演をしてくださいました。絵をすらすらと描きながらお話をする様子が印象的でした。藪野先生が実際に描いた絵を手元で見せていただいたり、早稲田大学について多くのことを教えていただいたりして、貴重な機会となりました。


1月 学習発表会


 

 

1-3年生:2018/1/27・4-6年生:1/28

<1年生>
 初めての学習発表会でした。学校に慣れるのが精一杯だった1学期から、国語で学んだ言葉のおもしろさ、大切を伝えるまでに成長した1年です。1組 「あのとき好きになったよ」、2組「おこだでませんように」、3組「たぬきの糸車」。それぞれに考え工夫したことで、保護者の方に「伝わった」という実感が持て、今後につながる思い出深い行事となりました。応援、ありがとうございました。

<2年生>
 2年生になり、クラス毎の発表となりました。
1組は、『ろくべえ まってろよ』を中心に、詩を3編。ぞして、歌「歌え バンバン」。
2組は、『アレクサンダーとぜんまいねずみ』。歌「ゆかいに歩けば」。
3組は、『きにはほんとうにステキだね』。歌「手のひらを太陽に」。
学年発表は、歌「あの青い空のように」、「心から心へ」、「ウンパッパ」でした。
 インフルエンザに罹った児童が多く、2,3組は学級閉鎖にもなり、全員での練習がなかなかできない中でも、心を一つに力と合わせて素敵な発表ができました。

<3年生>
 3年生は、初めての学年発表に挑みました。腹ぺこののらねこ達が、夢を求めて冒険の旅に出るお話「11ぴきのねこ」です。一人一人が個性豊かなねこになり、一つの作品を作り上げました。歌詞もストーリ―の展開を担いましたが、言葉をいきいきと伝えられる歌唱力も3年生は持っていました。楽しく力強く、でも、まだかわいらしい姿をお届けできました。

<4年生>
 1組「出来心」、2組「あなたの名前」、3組「本当のたからもの」。それぞれ教室で練習を重ね、舞台の上でクラスカラーを出すことができました。それぞれに考え工夫したことで、見ている方に「伝える」難しさと素晴らしさを経験することができました。学年音楽では、初めてのリコーダーでの演奏も経験しました。

<5年生>
 今年の学習発表会では、運動会で5年間で初めて取り組んだ表現運動のテーマ「本気・勇気・根気 3つの気」を言葉で表現しました。早実の先輩でもある王貞治さんが「気力」という言葉を残してくださっていますが、今年1年間の中で12期生106名にも脈々と「気力」が受け継がれたことでしょう。

<6年生>
 初等部最後の学習発表会は、11期生の11の数字に因んで、「106名のいい(11)ね!」と題して、シナリオから主体的に創り上げました。グループ発表を基にした発表会では、メンバー一人ひとりが、自分の主張ばかりするのでなく、仲間と認め合いながら、生まれてきた時から将来の抱負そして早稲田人としての使命までを立派に発信しました。


2月 校外学習(6年生) ― 国会議事堂見学

2018/2/9

 昭和館と憲政記念館、国会議事堂に社会科見学に行きました。昭和館では、当時の貴重な資料から昭和の歴史を学ぶことができました。憲政記念館ではおいしい昼食もいただきました。国会議事堂の見学の後、参議院特別体験プログラムに参加し、法律が決まっていく仕組みを体験的に理解することができました。


3月 卒業式

2018/3/14

 春を感じさせるような麗らかな春の光が降り注ぐ中、初等部11期生106名が卒業式を迎えました。1人ひとりが将来の夢や中学校での目標を力強く語り、校長先生から卒業証書をもらって巣立っていきました。最高学年として大変立派な姿を見せてくれた6年生、バトンは下級生にしっかりと渡してくれました。