キービジュアル
教科・授業

高等部教科

国語

 日本人として身に付けておくべき教養、社会人として身に付けておくべき言語運用能力、高度な専門性へと通じる知識、という3本の柱の下に、教員が個々の学年の必要に応じてカリキュラムを作成しています。
 現代文における文学的な文章では、「文学的な言葉」と「日常的な言葉」の違いを意識し、論理的な文章は「論理展開」に注目することによって、高い読解力と批評力の育成を目指しています。
 古典では基礎的な言葉のきまりの習得から、読解、作品の文学史上の意義を理解し、その歴史的意義、文化における特色まで学び、先人の思考と感性に触れます。
 いずれも、教科書以外の副教材を多用し、豊かに生きる力、人間的省察力を育むことを目的としています。


社会

 本校では多様な進路選択をかなえるため、高3理系コースから早稲田大学の文系学部への進学も可能となっています。社会科(地理歴史科・公民科)では、文系・理系共通の必修科目として、「倫理」「世界史A」「地理A」「政治・経済」を学び、理系コースから早大の社会科学系学部へ進学した際にも支障をきたすことがないように、幅広く社会科の基本的な知識の習得を目指します。それに加えて文系コースでは、2年次に「日本史A」「世界史B」、3年次には「地理B」「日本史B」「世界史B」を履修して、より発展的な学習を行います。あわせて3年次には、選択科目として、文系コースでは「選択世界史」、理系コースでは「選択日本史(理系)」を選択履修することができます。授業内容はいずれも大学進学後の講義を念頭に置いたもので、幾つもの科目を学ぶことを通じて、社会を多角的な視点から捉えられることを狙いとしています。


数学

 早稲田大学進学に向けて更なる計算力と論理的思考力の向上を目的として、教科書だけでなく問題集や参考書を併用した授業を実施しています。
 2年で文系、理系に分かれますが、文系でも3年次に大学で経済学や社会学を学ぶために必要な微分・積分(数学Ⅲ)の授業を実施しています。
 また、数学が好きな生徒が有志で集まって数学セミナーを開催し、「大学の数学について」や「数学オリンピックに向けて」勉強しています。


理科

 高等部の理科ではグローバル化する急速な社会の発達に対して、時代の流れを捉える科学的思考力を養うことを目的としています。そのために、1・2年次は理科の各分野の基礎知識を横断的に学び、幅広い視野を養います。そして、2・3年次は大学への接続を意識して、より専門的な内容の授業を展開します。
 また、3年次の選択授業として希望する進路に応じた4分野(物・化・生・地)の実験講座を設定しています。これらの講座では、基本的な器具から大学でも用いられる高度な実験装置まで幅広い実験器具を駆使して、さまざまな実験・観察技術を身につけます。そして、大学の理系学部・学科で必要となる実験結果の分析、データの処理方法や実験報告書の作成方法を習得すると共に、科学的な現象を論理的に考察する力を養います。


保健体育

 日頃の学習活動を通して、生涯にわたってスポーツライフを継続する資質や能力を育み、明るく豊かで活力ある生活を営む態度を育てることを目標にしています。体育分野においては、人工芝のグラウンドや多目的コート、第1・2体育館といった充実した体育施設を活用して様々な活動を行います。1・2年次においては各3単位の授業の中で、陸上競技、マット運動、テニス、ダンス、武道といった個人種目を行い、個人の体力向上に努めるとともに礼法について学びます。また、バスケットボール、バレーボール、サッカー、ソフトボールといった集団種目では、運動技能の習得とともに、集団の中で協力して物事に取り組む能力と態度を育てます。3年次には2単位の授業展開で選択球技を実施し、自らの興味関心に基づいた種目を実践することを通じて、意欲的に運動に親しむ能力と態度を育てます。保健分野においては、1・2年次に各1単位展開される授業を通して、個人及び社会生活における健康・安全について理解を深め、生涯を通じて自らの健康を適切に管理し、改善していく資質や能力を育てていきます。また、9月下旬に行われる体育祭では、生徒の体育祭実行委員が中心となって学年ごとに予行演習を行い、生徒が自主性を持って行事に参加しています。


芸術


 

 実技を通して個性豊かな表現力を磨くとともに、幅広い鑑賞を通して、生涯にわたり芸術を愛好する豊かな心を育てます。
 美術… 目に見える自然の造形や目には見えない心の世界、時には社会との関わりを題材にして、それを創造的に表現する力と豊かな感性を養います。
 音楽…「音で表現すること」と「鑑賞すること」を楽しみ、音楽の尊さを体感できることと、個性を活かした表現活動ができることを目標に、活動を行います。
 書道…「書は人なり」という言葉があるように、文字に自分らしさを表現することを学びます。
 工芸… 先人たちが築き上げてきた知恵や技術、心の造形を「ものづくり」を通して学びます。

第50回音楽鑑賞教育振興 作文コンクール(高校生の部) 入選受賞のお知らせ
 本校では毎年、『聴いてみつけた音楽の楽しみ』についての作文を生徒から募っております。全国の小学生から高校生まで7021点の応募があり、高校生の部にて、最優秀賞1名に続く「優秀賞」1名に、本校高等部1年の浦島 明さんの作文が選ばれ、2月4日(日)武蔵野音楽大学ブラームスホールにて表彰されました。またこの受賞により、早稲田実業学校高等部に対し「学校賞」をいただき、賞状を副賞が授与されております。昨年に続き中等部も学校賞を受賞しており、6年連続のダブル受賞となりました。


外国語

 自律的(自己で問題解決が出来る)学習者の養成に全力を挙げます。そのために、外国人講師との協同授業、CALL教室でのICTを活用した授業、継続的な辞書指導(英和辞典及び英英辞典)、教科書以外の読み物を使っての多読指導などを授業に取り入れます。更に、パラグラフ・ライティングやプレゼンテーションに取り組ませることで、英語を実際に使用する機会を増やします。また、外部英語試験(英検、TOEIC、TOEFL、GTECなど)に無理なく取り組めるよう授業でも指導し、定期的に受験させ、一人一人が客観的に自分の英語力を分析・確認し、効果的な学習方法を見つけさせる機会を提供します。「聞く、読む、話す、書く」の4技能のバランスの取れた習得を目指すと共に、言語や異文化についての関心や理解を深め、受験のための英語力ではなく、大学や社会に入ってからのコミュニケーションツールとして役立つ英語力の獲得を目標としています。


家庭

 家庭科では、「性別役割分担意識」や「ジェンダー」に囚われない、一人の自立した人間として、自分の人生をデザインする力を身につけることを目指します。
 「結婚」「出産」「育児」など、人生の節目でぶつかる様々な問題を取り上げ、法律との関連も含めて、実生活で役立つ知識を学びます。被服実習では刺し子のランチョンマットの制作、食分野で現代の食生活の問題点を取り上げ、その解決策を考えます。調理実習は食料及び環境問題も視野に入れ、エコクッキングを中心に年3回を予定しています。保育分野では特に「青年期の性」に重点を置き、性の問題とどのように向き合っていくべきなのかを考えます。また、若者が陥りやすい消費者トラブルについてもクイズや漫画を取り入れて分かりやすく学べるよう心掛けています。


情報

 教科「情報」は、2003(平成15)年度から始まった新しい教科です。本校では、一人一台のPC環境を生かして、「知識」と「操作」の二点を大きな柱として授業を進めています。
 「知識」の分野では、日進月歩の世界ですので、基礎となる変化の少ない事項を集中的に、原理の学習に力を注いでいます。「操作」については、やはり今後学ぶ機会が少なくなる一方で需要が増えていく、事務用オフィスソフトの学習を行っています。
 授業内容は、文・理区別することなく、高校2年生で、全員が同一カリキュラム内容を履修し、試験・評価も同一基準で行っています。


学校設定科目(商業)

 実業学校の伝統である商業科目として、簿記検定につながる学習を取り入れている「選択初級会計学」、経済学・法学の基礎知識を身につける「選択経済と法」が、高校3年生文系の選択科目として設置されています。